本文へ

HOME > Q&A > 断熱シート・テープ
Q&A
Q&A

断熱シート・テープ

夏に使用できる断熱シート・断熱フィルムはありますか?

断熱シート・断熱フィルムは年間を通して使用することができます。(発熱シートを除く)
冬は暖房、夏は冷房効率を高めることができます。

断熱シート・テープシリーズのページへ

「省エネ窓ガラス断熱シートクリア」は、冬の断熱シートとどこが違いますか?

窓ガラス断熱シートクリア水貼り」に、UVカット(紫外線99%カット)と夏場の直射日光の熱をやわらげるIR熱線カット機能をつけたものが、「省エネ窓ガラス断熱シートクリア」です。
夏におすすめの断熱シートです。

断熱シート・テープシリーズのページへ

どうして網入りガラスやLow-Eガラスには貼れないの?

熱線反射ガラス、熱線吸収ガラス(Low-Eガラス)、網入りガラス、真空二重ガラスなど特殊なガラスは温度変化でガラスが割れる(熱割れ現象)おそれがありますので貼らないでください。
上記ガラス窓の場合は、サッシ部で固定する「窓ガラス透明断熱フィルム(品番E0590)」をお使いください。

断熱シート・テープシリーズのページへ

どうしてすりガラスや凹凸ガラスに貼れないの?

すりガラス、ザラザラ面や凹凸面のガラスには、水貼りでは貼りつきません。そのようなガラスの場合、両面テープで貼る事は可能です。両面テープで貼りつける場合には「はがせるテープ強力接着用」をお使いください。但し、シートをはがした際にガラスに糊残りします。また、すりガラスの場合は、テープを貼ったところに透明感が出ます。

クリアタイプの断熱シートで、どちらの面がガラスに貼りつく面かわからない。

クリアタイプは基本的には裏表がありませんので、どちらの面でも貼りつきますが、巻き癖が有る場合はカールの内側をガラスにつけてください。逆につけますと、端が浮いてきてはがれやすくなります。

断熱シート・テープシリーズのページへ

丸いプチプチみたいなシート、どちらの面がガラスにつく面かわからなくなった。

裏表を触ってみて、凹凸が有り、軟らかい方がガラスにつく面(水貼り面)です。巻き癖が有る場合はカールの内側になります。
逆につけますと、ほとんどつかず、すぐにはがれてしまいます。

断熱シート・テープシリーズのページへ

「水貼り面シール」を残してカットしてくださいとは?

「水貼り面」と書いてある小さなシールが貼ってある面がガラスにつく面(水貼り面)です。シートを窓ガラスのサイズに合わせてカットし、窓ガラスに貼りつく面を確認後、この小さなシールをはがして、ガラスに貼ってください。

断熱シート・テープシリーズのページへ

ガラス飛散防止効果はある?

ガラス飛散防止効果はありません。

断熱シート・テープシリーズのページへ

ガラス飛散防止フィルムの上から貼れますか?

使用できません。
ガラス飛散防止フィルムの上には貼りつかない可能性が高く、貼りついた場合はシートをはがす際に樹脂の跡が残る場合や、ガラス飛散防止フィルムを浮かせるおそれがあります。

断熱シート・テープシリーズのページへ

水貼りのシートが窓ガラスからはがれてしまうのですが?

以下の点について確認してください。

  • ガラス面を清掃しましたか?
     洗剤分、油分、ワックス分などがガラスに残っている場合にシートが貼りつかない事があります。化学雑巾の使用や新聞紙でガラスを拭くなどもはがれの原因となります。
  • シートのガラスにつく面(水貼り面、巻きの内側)をガラスに貼っていますか?(クリアタイプを除く)
     シートの裏表が間違っているとはがれます。
  • シートに巻き癖が強くついていて、カールしていませんか?
     平らな所でシートのカール面を上側に置き、30cm離れた位置からドライヤーの熱風を吹きつけカールを修正してください。ガラスに貼りつけた状態で熱風を吹きつけるとガラスが割れるおそれがあります。
  • ガラスに水をたっぷりスプレーしましたか?
     霧吹きでガラスに水がたれるぐらいたっぷりスプレーし貼りつけてください。
  • ガラスに結露防止スプレーなどを塗布したことがありますか?
     ガラスに水をはじく成分が残っていますとはがれの原因となります。ガラス面をよく清掃してください。
  • 風などが当たっていませんか?
     粘着剤などのような強固な接着力が無いため、シートに力がかかるとはがれる場合があります。もう一度貼り直して下さい。貼りつけ強度をお求めの際は両面テープを使用して貼りつけることもできます。その際はニトムズ「はがせる両面テープ強力接着用」をお使いください。テープは貼りつけるガラス面をふちどるように全周に貼ってください。なお、推奨する期間を超えて長期間貼りつけた場合、糊残りする事があります。

水貼り断熱シートシリーズ 取り付け方法のページへ

水貼りシートは簡単にはがせますか?

粘着剤を使っていないので、端をつまんでめくるだけではがす事が出来ます。万一、ガラスに跡が残った場合はガラスクリーナーまたはガラス用のメラミンフォームでこすり落としてください。
ガラス面にのり残りしている場合は、弊社商品ではありません。
粘着剤を使用しているタイプの商品ですので、はがし方などは各メーカーにお問い合わせください。

断熱シート・テープシリーズのページへ

水が乾きません。どうしたらいいですか?

日当りが良く乾燥しているところでは2〜3日で乾きますが、日当たりの悪いところでは水が乾くまでに日数がかかり、長い場合には1ヶ月位かかった事例もあります。断熱効果には影響ありませんので乾くまでお待ちください。

断熱シート・テープシリーズのページへ

断熱シートは、縦に貼ってはいけないの?

このシートは空気層を作ることで断熱をする商品ですが、トンネル状(ストロー状)の構造となっているため、縦に貼ると温まった空気が上から抜けて行き、断熱効果が下がるおそれがあります。

断熱シート・テープシリーズのページへ

水貼りのシートは、天窓に貼れますか?

水貼りでは自重が支えられずはがれます。両面テープを使って貼りつけることは出来ますが、はがす際にガラス面に糊残りしたり シートがはがし難くなる事が考えられます。

断熱シート・テープシリーズのページへ

断熱シートは何年くらい使えますか?

紫外線や熱の影響によりフィルムの硬化やはがれが発生するおそれがあります。1年を目安に貼り替えてください。(発熱シートは除く)

断熱シート・テープシリーズのページへ

窓ガラス発熱シートは、何年使えるの? 夏場にも使えますか?

紫外線や熱の影響によりフィルムの硬化やはがれが発生するおそれがあります。半年を目安に貼り替えてください。
(夏場に貼ったままにしておきますと、シートが発熱し、窓際がより暑くなりますので、春になり暖かくなりましたら、はがしてください。)

断熱シート・テープシリーズのページへ

屋外側には貼れないの?

粘着剤などの固定方法と違い、風や雨などの影響ではがれてしまいます。また、シートの汚れや劣化が早くなるため、必ずガラスの屋内側に 貼りつけてください。

断熱シート・テープシリーズのページへ

二重サッシのどちら側に貼ったらいいの?

内側窓の室内側が効果的です。

断熱シート・テープシリーズのページへ

シートを貼ると部屋が暗くならない?

人それぞれの感じ方に差が有るため一概には言えませんが、発熱シート以外は余り暗くなった感じは無いと思われます。
一般的には可視光線透過率が50%を下回るとほぼ全員の方が暗くなったと感じるようです。

可視光線透過率

断熱シート・テープシリーズのページへ

効果の違いが知りたい。

断熱性能と透明度などで商品をお選び下さい。

ニトムズ断熱・結露対策シート性能比較

断熱シート・テープシリーズのページへ

Page Top