本文へ

HOME > Q&A > 省エネ
Q&A
Q&A

省エネ

ガラスの熱割れって何?

窓ガラスは温度差の有る部分でガラスに歪が生じ、それに耐えられなくなった時にひび割れが発生します。 この現象をガラスの「熱割れ」と言います。「熱割れ」はどのようなガラスでも起る可能性があります。窓ガラスは直射日光を受ける事で表面の温度が上昇します。しかし、植木等で陰になった部分やサッシ枠の中に入った見えない部分は同じ様には温度が上昇しません。その為、温度の高い所は膨らもうとし、温度の低い所はそのまま留まろうとし、「熱割れ」が起こる場合があります。 この現象は全てのガラスに言える事ですが、特に網入りガラスやペアガラスと言われる、真空構造、ガス入り構造のガラスに可能性が高くなります。

断熱シートの場合は、ガラス表面から熱を逃がし難くする為にガラス表面とサッシ枠内部の温度差が大きくなり、窓ガラスの「熱割れ」が生じる可能性があります。網入りガラス(金属線)の場合は、サッシの中に入った、ガラスの切断面の状況やガラス内部の金属の膨らみなどの影響を受け易く、熱割れする可能性が高い物になります。上記の様な特殊なガラスについては使用出来ないガラスとしています。

省エネ対策シリーズへ

注意点
お住まいの窓ガラスについてご不明な点は、ガラスメーカーにお問い合わせください。

「熱割れ」の写真

熱割れの写真
熱割れの写真
熱割れの写真
浴室や洗面所の扉のすき間から、水がもれてしまうのですが、何かいい方法はありますか?

それなら防水ソフトテープですき間をふさぎましょう。
防水効果が高く、浴室や洗面所等の防水はもちろん、雨戸やガレージのシャッター、物置の扉のすき間など、屋外での長期使用にも適しています。

防水対策シリーズへ

注意点
防水ソフトテープを貼る面のサビや汚れをよく落としてから、ご利用ください。

結露が多くて困っています。何かいいものがあったら教えてください。

結露の発生を抑えるには、ニトムズの窓ガラス断熱シート シリーズがおすすめです。
窓ガラス表面の結露は、室内の水蒸気を含んだ空気が、ガラス表面で冷やされることにより発生します。窓ガラス断熱シートは、窓ガラスの室内側の表面温度低下を防ぎ、結露の発生を抑えるのに役立ちます。
また、万一結露が発生したら、強力結露吸水テープがおすすめです。
流れ落ちる結露水をしっかり吸い取り蒸発させます。

省エネのページへ

注意点
気象条件や室内での洗濯干し、加湿器、室内燃焼の暖房機の使用、調理といった室内環境により結露を防げないことがあります。暖かい室内では相対温度が下がり、乾燥しているように感じますが、大量の水蒸気を含んでいる場合があります。暖かい部屋の換気をよくすることで、湿気を少なくし、結露の発生を抑えることもできます。

クッションソフトテープのパッケージに2本入りとあるが1本しか入っていないけど?

テープは2本分になっています。端からタテに裂いてください。

クッションソフトテープのページへ

テープが潰れていて表示より厚みが足りないのですが、どうしたらいいですか?

テープ巻き圧により、巻きをほどいた時に表示厚さより薄い事がありますが、経日で厚みは復元します。巻きの中心に近いほど薄くなり、復元に時間がかかる事から、テープ長さについては予め余長をつけています。

省エネ対策ページのすきま風用のページへ

結露が防げないんだけど。

結露の発生は室内外の環境条件(外気との温度差、室内の湿度等)により変化しますので、完全に抑えることができない場合があります。
特に火を燃やすタイプの暖房器具や加湿器をご使用の場合、強制的に湿度を高くしていることになるため、結露ができ易くなります。

断熱シート・テープシリーズのページへ

Page Top