本文へ

HOME > Q&A > 除湿剤
Q&A
Q&A

除湿剤

除湿の液をこぼしてしまった。対処法は?(押入れや床、じゅうたんなど)

除湿棒の中に入っている薬剤は塩化カルシウムというものです。
こぼれた液には塩化カルシウムの成分が入っていますので、完全に取り除いてしまわないと、空気中の湿気を吸って、いつまでも乾きません。
水分を多めに含ませたタオルで、こぼれた場所を水拭きし、その後、乾いたタオルで乾拭きします。
この作業を数回繰り返し、その後乾燥させます。(その際、薬剤に直接手を触れますと、手が荒れる可能性が有りますので、炊事用手袋を着用してください)
数日後、汚損部分がシミ状になる、ベタつきが出る様なら同じ作業を繰り返します。
温度や湿度等により数日で確認出来ない場合があるため、しばらくの間は、こまめに確認してください。

じゅうたん:クリーニング店へ洗濯の相談をしてください。その際、除湿剤が染み込んだ事を告げてください。

除湿のページへ

注意点
パッケージの袋は、湿気を通さない素材ですが、開封後は完全に密封することは難しく、長期保存はしないようにしてください。

除湿の液をこぼしてしまった。対処法は?(衣料品など)

自宅で洗濯可能なものであれば、たっぷり水をためた中に浸し、軽く押し洗いをした後、軽く絞り、その後、普通に洗濯します。
クリーニング店へ洗濯を相談する場合は、除湿剤が染み込んだ事を告げます。絹、羊毛の場合は特に早めに依頼してください。基本的に水洗いとなりますので、水洗い不可の衣類では困難です。

和服:和服専門のクリーニング店に相談してください。
革製品:修復は困難です。乾燥後、革に縮みが起こります。
合成皮革:内部に染み込みが無ければ数回の水拭きをします。
染み込んでしまった場合、修復は困難です。

除湿のページへ

注意点
パッケージの袋は、湿気を通さない素材ですが、開封後は完全に密封することは難しく、長期保存はしないようにしてください。

使用済みの除湿パックの捨て方はどうすれば良いですか?

流し台などでケースから吸湿パックを取り出してハサミで開封します。たまった液は水道水と一緒に流し、袋は自治体の指示に従って処理してください。

使用したハサミと流し台は、サビの原因になりますので必ず水でよく洗い、水分をふきとってください。
吸湿パックにたまった液は植木などにかけないでください。

除湿のページへ

注意点
パッケージの袋は、湿気を通さない素材ですが、開封後は完全に密封することは難しく、長期保存はしないようにしてください。

サラサラだった中の薬剤が、固まっているのですが?

液体になる直前です。湿気を吸い取ることにより、
粒状→固化→液状
と変化していきます。
湿度が低い場合には、固化の状態のままの場合もありますが、湿度が高くなると再び吸湿し始め、液状になります。

除湿のページへ

粒状→固化→液状

注意点
温度や湿度など、環境によって吸湿スピードは異なります。

つめかえ用が余ったので保存したいのですが?

パッケージの袋の開封した所から、中の空気を逃がし、きれいに折り畳んで、セロハンテープ等で封をします。さらにビニール袋に入れ、口をふさいで保存してください。
この際、パッケージの袋はきれいに開封しておくと便利です。

除湿のページへ

注意点
パッケージの袋は、湿気を通さない素材ですが、開封後は完全に密封することは難しく、長期保存はしないようにしてください。

Page Top