テーピング 巻き方検索

テーピングの用途から、タイプを選択してください。巻き方・貼り方の手順と、対応する商品をご覧いただけます。

関節を保護・固定したい

  • ある程度のテーピング使用経験がある

筋肉をサポートしたい

  • 多目的に使えるテープタイプ

肩の筋肉をサポートしたい
多目的に使えるテープタイプ

用意するもの

  • 50mm巾のキネシオロジーテープ
  • キネシオロジーシザース

用意するもの

貼り方

腕が上がりにくい場合

テープをY字に切り三角筋のふくらみの終わったところの上にテープの切れ目がくるようにテープの一端を貼ります。

使用方法1

腕を後ろに引き、前腕の筋肉を包み込むように貼ります。

使用方法2

後ろのテープを貼るときには腕を前に抱かえるようにし、後ろ側の筋肉を包み込むように肩まで貼ります。

使用方法3

完成です。三角筋を包み込むように貼れているか、確認してください。

使用方法4

肩が重い場合

テープをY字に切り肩峰下より貼り始めます。

使用方法5

首を反対側に側屈させテープを引っ張らずに毛の生え際まで貼ります。

使用方法6

下のテープを肩甲骨に沿って背骨までテープを引っ張らずに貼ります。

使用方法7

その他の部位の貼り方(筋肉サポートテープ)

このテーピングにご利用できる商品
キネシオロジーテープ
キネロジEX

長く密着、楽にはがせる進化したキネシオロジーテープ。

キネロジEX

キネシオロジーテープ(スタンダードタイプ)

通気性に優れた筋肉保護テープ。肩、腰、膝などの筋肉を爽やかにサポート。

キネシオロジーテープ、ブリスターパック

キネシオロジーテープ(撥水タイプ)

水や汗に強く、重ね貼りに適しています。

キネシオロジーテープ(撥水タイプ)、ブリスターパック

アクセサリー類
キネシオロジーシザース

テフロン加工を施していますのでテープをスムーズにカットできます。

キネシオロジーシザース

肩の関節を保護・固定したい
ある程度のテーピング使用経験がある

用意するもの

  • 75mm巾のEBテープ
  • タックスプレー
  • テーピングシザース

用意するもの

巻き方

タックスプレー(粘着スプレー)を使用し、皮膚に直接テープを貼る。

使用方法1

肘を曲げて握りこぶしをつくる。アンカーテープを上腕部三角筋の下に軽く(強く巻きすぎますと血行障害を引き起こします)巻く。(使用テープ:EB-75)

使用方法2

アンカーテープの前面部より肩関節を覆うように引っ張りぎみに貼るA。

使用方法3

アンカーテープの後面部よりAと同じ要領で肩鎖関節の上でAのテープとクロスするように貼るB。

使用方法4

アンカーテープの側面部より、肩鎖関節の上まで引っ張るように貼り、(2)同様にアンカーテープを軽く巻く。

使用方法5

乳首を保護するために、カット綿などを当てる。

使用方法6

肋骨の下から肩甲骨の下まで肩鎖関節を上から圧迫するように貼る。

使用方法7

(7)のテープがはがれないように胸部より脇の下・背中にかけてテープを貼る。

使用方法8

(7)~(8)と同じ要領でテープを1/2重ね合わせながら2枚貼る。
完成 (テーピングの上から市販のサポーターなどを使用するのも良い。)

使用方法9

このテーピングにご利用できる商品
ホワイトテープ&アンダーラップ
ニトリートアンダーラップ

とくに皮膚アレルギーの人、テーピング頻度の高い人に最適です。

ニトリートアンダーラップ

伸縮テープ&バンデージ
ニトリートEBHテープ

多目的に使用できる軽い圧迫力の薄手の伸縮性テープです。

ニトリートCBカラーテープ

アクセサリー類
テーピングシザース

テーピング専用のハサミで、先端が丸くなっていますから皮膚を傷付けることがありません。

テーピングシザース

スプレー類
ニトリートタックスプレー

アンダーラップの固定、テープの接着力強化用の粘着剤スプレーです。

テーピングシザース

ニトリートリムーバースプレー

テープ粘着剤の残りカスをすみやかにはがすスプレーです。

ニトリートCBカラーテープ