本文へ

HOME > 企業情報 > 会社案内・沿革
企業情報

会社案内

会社案内会社案内
会社案内会社案内
会社案内会社案内

沿革

1963年日東電工、消費財アイデア商品発売
1970年日東電工、消費財市場進出に向けてのプロジェクト計画開始
1972年消費財開発プロジェクトルーム「ニトムズチーム」発足
1975年株式会社ニトムズ設立
東京、名古屋、大阪、福岡営業所開設
1982年ニトムズ加工株式会社設立(ニトムズ製品製造加工会社)
1985年仙台営業所開設
1989年株式会社ニトムズ、ニトムズ加工株式会社合併
1993年愛知県豊橋市に新工場設立
2000年日東電工コンシューマー事業部と事業統合、
日東電工(株)、豊橋日化(株)と共同で日東電工ひまわり(株)を設立
2001年環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を認証取得
2002年豊橋工場増設
2004年品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を認証取得
2010年労働安全衛生マネジメントシステムの規格OHSAS18001を認証取得
日東電工ニトムズ韓国(株)を設立
2016年株式会社二トムズを存続会社として、株式会社二トムズ、日東メディカル株式会社、日東ライフテック株式会社の3社が合併
ニトムズ誕生物語

1970年万国博の年、総合機能材料メーカー日東電工内に一般家庭を対象とした開発チームが正式に発足します。チームは粘着テープの家庭用商品化を目的に、マーケティングリサーチを開始。この結果を受けて、じっくりと製品企画・販売戦略が練られました。

1972年、プロジェクトチームが開設されます。
その時のチームの名称は、NITTO HOME PRODUCTS からとった「ニトムズチーム」でした。チームが発表した考え方・・・ニトムズの新しい素材、新しい商品、新しい販売・・・は、関係各方面・マスコミに大きな反響を呼び、製品も順調な売行きを示します。

1974年、販売部門と開発部門が合体。体制が整ったニトムズチームは、1975年、日東電工から独立します。社名は(株)ニトムズ。合言葉は「暮らしに、便利で、楽しく、役に立つ商品を情報と共にお届けする」。社員29名でのスタートでした。

企業情報
Nitto

日東電工ニトムズ韓国

Page Top