本文へ

HOME > 地球とおさいふにやさしい まどエコ® 冬のまどエコ大作戦!!

地球とおさいふにやさしい まどエコ® 暖房費の節約からイヤな結露対策まで 冬のまどエコ大作戦!!

お家の窓周りにひと工夫して、お部屋を暖かくしたい! 
でも、どんな製品を選んだらよいかわからない・・・・。
そんなときは、このチャートをたどって、あなたにとってベストなまどエコ®製品を選んでみましょう。
用途選択チャート タイプ1 タイプ2 タイプ3 タイプ4 タイプ5 タイプ6 タイプ7 Do エコ yourself タイプ8 タイプ9 タイプ10 タイプ11 夏のまどエコ大作戦

まどエコ(R)の効果

窓まわりに、断熱シートや断熱テープを使うことで、冬場に窓から入り込んでくる冷気をシャットアウトします。
室内の暖房効率をグーンとUPさせることで、暖房器具の使用を低減し、灯油代やCO2を削減することができます。

断熱シート

断熱シートを利用した場合、図のように1シーズンのCO2排出量や灯油代に換算すると、通常時よりいずれも削減されており「地球にもおさいふにもやさしい」を実現します。

窓ガラスに断熱シートを貼りつけた時の熱貫流率から
灯油、CO2削減量を計算。改善数値など計算値であり、保証値ではありません。《測定条件》外気温3℃、室内温度23℃、ガラス面積16.2m2、暖房期間10時間を160日間、灯油代120円/L(ニトムズ調べ)

断熱フィルム

窓枠で両面テープでフィルムを貼りつけることで、二重ガラス構造を作り出し、空気層で保温・断熱して省エネ効果を発揮します。
また、内部にシリカゲルを入れることで内部の空気を乾燥させ、高い結露防止効果を発揮します。

サッシ枠断熱/結露防止

「結露」は空気中の水蒸気が温度の低下により凝縮し、水滴となって付着する現象の ことです。
結露防止シートやサッシ枠断熱シートを設置することで、室内と窓・サッシ枠の間に空気の層を作り、外気が直接、室内の水蒸気を冷却するのを防ぎます。その結果、結露の発生を抑制することが可能です。

冷気ストップ

窓ぎわで冷却された空気の対流をブロックし、足もとに流れ込む冷気をシャットアウトします。
ここにパネルやライナーを設置することで、窓ぎわの温度を1.5℃〜2.5℃アップさせます。

まどエコ(R)コラム

生活に役立つヒントをおとどけする「快適生活術」から冬のまどエコに関するコラムを集めてみたよ!
まどエコ®って?
環境省では、企業だけでなく家庭でもできるエコ活動として、衣食住を通じて『家(うち)』の中でできる温暖化対策を「うちエコ®」と名付け、「低炭素社会作り」を目的として、2008年より推進しています。

ニトムズでは、「うちエコ®」の一環として、窓周りの工夫でエコ活動ができないか?とテーマを打ち出し、さまざまな商品を開発しました。
それが「まどエコ®」シリーズです。

窓周りにニトムズの「まどエコ®」商品を使うことで、冷暖房効率をアップさせ、エアコンなどの使用を抑え、CO2の排出削減に貢献する
「地球にやさしく、おサイフにもやさしい」「まどエコ®」は、ニトムズが推進するエコの新習慣です。
まどエコ®って?

Page Top